/

この記事は会員限定です

強まる香港の「一国」傾斜 長官が北京訪問、支援求める

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】中国共産党最高指導部で香港政策を担当する韓正(ハン・ジョン)副首相は6日、北京で香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官と会談した。韓氏は香港国家安全維持法の実施を評価し「中央政府は香港の長期的な繁栄と安定を支援する」と述べた。林鄭氏は経済支援を求めた。

中国政府は広東省と香港、マカオを巨大な経済圏に見立てて一体開発する「粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)」構想を推進する。政治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン