/

この記事は会員限定です

[社説]皇室めぐる課題に早く着手を

[有料会員限定]

秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを内外に示す「立皇嗣の礼」が8日、行われる。当初は4月の予定だったが、コロナ禍で延期されていた。皇嗣としての活動を通じ、皇室と国民の絆がさらに強まることを祈念し、心から祝意を表したい。

天皇の代替わりに伴う一連の行事は、これで区切りを迎える。政府は皇室をめぐる諸課題について本格的な検討に入る時である。

振り返れば、天皇だった今の上皇さまの退位に関わる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン