/

バイデン氏 過半数へ前進 激戦5州、4州でリード

(更新)
5日、東部デラウェア州で声明を発表するバイデン氏(写真左)と、ホワイトハウスで記者会見するトランプ氏=いずれもAP

【ワシントン=永沢毅】米大統領選は6日、残る激戦5州の開票が佳境を迎えた。民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)は激戦州で勢いを加速し、当選に必要な「選挙人」の過半数の獲得に迫る。窮地に立つドナルド・トランプ大統領(74)は根拠を示さず選挙に「不正」があると主張し、訴訟で抵抗する。

全米538人の選挙人の過半数270人以上を争う大統領選で、バイデン氏は253人を確保した。トランプ氏は214人にとどまる。

CNNテレビによると米東部時間6日午前4時半(日本時間同日午後6時半)ごろ、トランプ氏が先行していた南部ジョージア州でバイデン氏が票数で逆転した。その後東部ペンシルベニア州もバイデン氏が逆転。西部ネバダ州でもリードを拡大した。多くの州でバイデン氏に有利な郵便投票の開票が進んだためだ。

各州の開票率は89~99%に達したが、票差はなお小さい。差が広がれば6日にも一部州で結果が確定し、バイデン氏が過半数の選挙人を獲得する可能性があるが、僅差なら郵便投票を中心に開票が続く。ペンシルベニアなどは6日までに届いた郵便投票も有効とする。

「開票が終われば、私たちが勝つのは疑いようがない」。バイデン氏は5日、地元デラウェア州の演説で自信を示した。新型コロナウイルスと経済危機の説明を専門家から受けたと明かし「パンデミック(世界的大流行)の深刻さへの思いを新たにした」と語った。

新型コロナと経済再生は「バイデン政権」が取り組む二大テーマだ。政権移行の準備に抜かりがないことをアピールする狙いがある。複数の米メディアによると、水面下で閣僚候補の人選も進めているもようだ。

トランプ氏の勝利のハードルは高い。270人に届くにはペンシルベニアの勝利が不可欠だ。加えてジョージア(選挙人16人)、西部アリゾナ(11人)、南部ノースカロライナ(15人)、ネバダ(6人)のうち3州以上をおさえる必要がある。

焦るトランプ氏は郵便投票の集計を食い止めようと打って出た。同氏の陣営は5日、ネバダで開票の差し止めと集計の監視を求める訴訟を新たに起こすと明らかにした。投開票を巡る法廷闘争はペンシルベニア、ジョージア、中西部ミシガンを含む計4州に広がった。ただジョージアやミシガンでは5日に相次ぎ州裁判所が訴えを却下した。

「巨大な法廷闘争の財源が必要だ」。バイデン氏は支持者へのメールで訴訟に備えた献金を募る。米メディアによると、ペンシルベニアとネバダ、中西部ウィスコンシン州、ミシガンでも弁護士を確保したとされる。

トランプ氏が乱発する訴訟は選挙制度を揺るがす。「郵便投票は腐敗している。彼らは不正を働こうとしている」「彼らはどのくらいの票が必要かを計算し、それを見つけることができるようだ」。トランプ氏は5日のホワイトハウスでの記者会見でまくし立てた。

本人確認できない票が集計されているなどと訴えたが根拠は定かではない。民主主義の擁護者であるはずの米大統領が選挙の信頼性を傷つける異様な光景だ。NBC、ABC、CBSの米3大テレビは記者会見の生中継をほどなく打ち切った。

トランプ氏は敗北時に政権移行に応じるかについても明言を避ける。異例の展開をたどる大統領選が米国の分断をさらに深めるのは避けられない。

アメリカ大統領選挙

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン