/

道央道の苫小牧中央IC、12月13日午後3時に開通

苫小牧中央ICが12月13日に開通する

東日本高速道路(NEXCO東日本)は道央自動車道の苫小牧中央インターチェンジ(IC)が12月13日午後3時に開通すると発表した。道内随一のフェリー港である苫小牧港へのアクセスが向上し物流の効率化につながる。フェリーを利用する観光客の利便性も向上する。

苫小牧中央ICは苫小牧西ICと苫小牧東ICの間に位置する。NEXCO東日本と北海道が総事業費約60億円を投じて建設した。道内各地からのトラックは市街地を極力避けて苫小牧港へアクセスできるようになり、事故抑止にもつながる。

苫小牧港は札幌市にくわえ、アイヌ文化を学べる「民族共生象徴空間(ウポポイ)」(北海道白老町)などの観光施設も近い。フェリー港から高速道路にアクセスしやすくなり、周辺観光の活性化にもつながりそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン