/

この記事は会員限定です

トヨタが認めたピッキングロボ 主力工場に川崎重工製

[有料会員限定]
日経クロステック

トヨタ自動車が、ばら積みピッキングロボットの活用を進めている。これまで課題だった投資対効果にめどが付いた。プリウスなどを生産する堤工場(愛知県豊田市)の量産ラインに先行的に適用しており、将来全社に展開するための「理想形」を2021年上期中に確立する。製造業に大きな影響を持つ同社が採用したことで、ばら積みピッキングロボットの普及も加速しそうだ。

ばら積みピッキングロボットは、箱の中に乱雑に積まれたワーク(運搬対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2795文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン