/

この記事は会員限定です

固定種野菜、昔ながらの味

ナス・トウガラシ…若手農家が守る

[有料会員限定]

種を継いで栽培する「固定種」と呼ばれる野菜を見直す動きが広がっている。東京や埼玉では、若手の生産者が豆類や根菜類などを栽培する。一般的な野菜とは違った自然な味わいで専門店での売れ行きは伸びている。

スーパーの野菜の多くは、味や色、形が均一になるように改良し、1世代目の種や苗を使って生産された「F1種」だ。固定種は、実った作物から取った種で作られる野菜。種は何世代にもわたって生産者自身が採取するほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン