/

この記事は会員限定です

トランプ氏の刻印、消せぬ超大国

編集委員 小竹洋之

[有料会員限定]

「エ・プルリブス・ウヌム(多様から生まれた統一)」――。国是ともいえるラテン語が、どこかむなしく響く。米国を2つに引き裂くような大統領選の出口はいまだに見えない。

民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)の優勢は、大方の予想通りだろう。だが共和党のドナルド・トランプ現大統領(74)がほぼ互角の戦いに持ち込んだのは注目に値する。

混迷する米大統領選 全米覆う「感情の民主主義」

創造よりも破壊、理念...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン