/

「テスラの一歩先に」 豊田社長、品ぞろえの優位強調

6日、オンラインで決算発表会見するトヨタ自動車の豊田章男社長

トヨタ自動車の豊田章男社長は6日、自ら2020年4~9月期決算の記者会見に登壇した。トヨタの社長が決算発表をするのは通常本決算時のみで、中間期としては張富士夫元社長以来18年ぶりだ。新型コロナウイルス禍への対応や米テスラについての記者会見での発言をもとに、今後の戦略や思いを読み解く。

 コロナ危機という有事であるということで出席した。有事の際は通常のように仕事を続けることで貢献することが大切だ。

豊田社長は記者会見への出席理由をこう語った。

5月に営業益5000億円という見通しをあえて出したことで「従業員、仕入れ先や販売店などががんばってくれた。4~9月期だけで5000億円をたたき出したことは一朝一夕でできることではない。リーマン・ショックなどを経てコツコツ積み重ねてきた結果が出た」と話した。

今回はリーマン時のように新規プロジェクトを止めることはなく、稼働休止中も従業員がカイゼンを進めることで「(生産での)4秒の短縮を地道にやってくれた。急な増産にも人を増やさず対応できた」という。関係者に「決算発表の場で感謝を伝えたい」と出席の狙いを語った。

 (トヨタが)リアルな世界での電動化フルラインアップメーカーということは、今後選ばれるという意味では一歩先に行っているのではないか。

株式市場の時価総額で米テスラがトヨタなど日系自動車メーカーを大きく上回っている現状について豊田社長は「現在の株式市場での評価は完全に負けている。(テスラは)大きな企業価値を生んでいる。学べる点が多々ある」と述べた。かつて提携関係もあったテスラについて、豊田社長が直近の株価を踏まえた発言を公の場でするのは初めてだ。

もっとも「トヨタもCASE対応では先行投資を続けている。(人工知能子会社などで)ソフトウエアファーストの考え方をすでに始めている」と指摘。すでに多数の顧客を抱えていることや、様々な品ぞろえの電動車を提供していることを強調し、優位性を訴えた。

 人が中心となる「ウーブン・シティ」のプロジェクトは着実に進捗している。(21年)2月23日にくわ入れするスケジュールで進めたい。同日にするのは単純。富士山(の読み)にかけた。

富士山のふもとで自動運転車などを走らせて実際に人にも住んでもらうスマート都市計画、ウーブンについてトヨタは次世代事業の柱と位置付けて注力する考えだ。豊田社長は同事業について「3週間に一度、方向性を確認してその都度決定している」と話す。閉鎖予定の工場の従業員については「東北の拠点に移るか、家族の事情などで移ることができない人には他の仕事を探す手伝いをしている」とした。

21年1月には同事業を担う会社を再編・新設する計画。NTTと資本業務提携するなど、同事業を担う仲間作りにも余念がない。豊田社長は「3000程度のパートナーに応募いただいている」と明かした。同年2月23日の着工を目指して本格的に動き出す。

 悔しさと創業メンバーの無念を晴らしたいとの思いが熱くさせている。

会見には機関投資家の姿もあり、日本生命保険の清水博社長の「豊田社長を突き動かしているものは何か」という質問に答えた。豊田社長は「メディアには評価されてないが」と前置きしたうえで社長就任以降「数々の危機に遭遇した。危機やピンチはチャンスでもある」と述べた。

豊田社長はかねて「過去に時間を使うのは自分の代で終わりにしたい。トヨタらしさを取り戻す」と強調している。社是である豊田綱領やトヨタフィロソフィー(哲学)から「私たちの使命は『幸せの量産』であると定義した」とも語った。豊田社長は、曽祖父の佐吉氏やトヨタ自動車創業者で祖父の喜一郎氏の思いを強調する発言が相次いでいる。

 フィロソフィーは決してゴールではなくスタートポイント。次のトップが悩んだときに羅針盤として活用してもらえればいい。

豊田社長からは「次世代のトップは未来を見てすっと走って行けるようなバトンタッチをしたい」と社長交代を意識した発言も目立った。番頭の小林耕士執行役員は「自分は一代限りの会社、豊田家の番頭だと思っている。フィロソフィーをうまく伝えるのが役割」と自身を位置付ける。小林氏は「仕事ができる人はいるが、トップと方向が合っているかが大事だ。若手や中堅に社長の思いを伝えて理解が深まれば深まるほどフィロソフィーは徹底される」と語った。

(大本幸宏)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン