/

この記事は会員限定です

カシオ、中型プロジェクターから撤退 ARなどに転換

[有料会員限定]

カシオ計算機は赤字続きの中型プロジェクターから撤退する。年間売上高は100億円ほどだったが、価格競争が厳しくなる中で、新型コロナウイルスの影響により需要も落ち込み、立て直しが難しいと判断。今後は投影部品の小型化技術を生かし、AR(拡張現実)やスマートビルといった新たな領域の開拓にかじを切る。

中型プロジェクターの生産を徐々に縮小し、数年以内に撤退する。オフィスの会議室や学校の教室などで使われる型を主力としてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン