/

名古屋市と中日本高速などが協定、台湾で発信強化

調印書を手にするNEXCO中日本の野口英正名古屋支社長ら(中区、6日)

名古屋市と中日本高速道路は6日、台湾で名古屋圏の魅力を発信するため連携協定を結んだ。新型コロナウイルスの収束後を見据え、訪日外国人(インバウンド)の取り込みを目指す。協定には市外郭団体の名古屋観光コンベンションビューロー、中日本高速傘下でサービスエリア(SA)の運営会社、中日本エクシス(名古屋市)も加わる。台湾で最大級の清水(チンスイ)SAでひつまぶしをはじめ、名古屋名物を売り出す計画だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン