/

損保ジャパンとDeNA、災害時の車両提供で連携

損害保険ジャパンとディー・エヌ・エー(DeNA)などは6日、災害支援車両の提供や電源確保について、自治体との連携を進めると発表した。第1弾として、横浜市と「災害連携の検討に関する協定書」を締結した。今後、連携する自治体を広げていくという。

個人間で車両をシェアリングするDeNA SOMPO モビリティ(東京・渋谷)のサービス「エニカ」を活用する。災害支援物資を輸送するためガソリン車を提供するほか、避難所の電力確保に電気自動車(EV)を活用してもらう実証実験に横浜市で取り組む。

損保ジャパンの所有車情報を登録して使用状況を把握し、災害が起きた際は未使用の車両から順次避難所などに派遣する。

DeNAは被災地の状況に応じた適切な派遣を支援する仕組みを検討する。

今後は他の企業に災害時の車両提供を呼び掛け、台数を増やしていくという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン