/

この記事は会員限定です

シェアオフィス、首都圏郊外で新増設 自治体も支援

[有料会員限定]

首都圏で郊外型シェアオフィスの新増設が相次いでいる。新型コロナウイルスの流行で在宅勤務が続く一方、自宅で仕事ができる場所がない従業員を抱える企業などの需要を見込む。自治体も職住近接の環境を整え、働き方改革や人口増にもつなげられるとみて設置を支援している。

建築業のユーキハウス(東京都立川市)は、2021年2月にもJR立川駅前の商業ビルに全37席のシェアオフィスを開業する。テレビ会議ができる個室席、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン