/

横浜市、IR推進で協議会を設置 17日に初会合

横浜市は6日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に関連し、神奈川県や公安委員会らと意見交換する協議会「横浜イノベーションIR協議会」を設置すると発表した。17日に初会合を開き、IR整備法で必要と定められている協議を実施する。

林文子市長を議長とし、神奈川県の黒岩祐治知事らが出席。県の公安委員会、地域住民として横浜市町内会連合会、横浜商工会議所、横浜市立大学からそれぞれ代表1人を委員として招き、市の取り組みを説明したうえで意見交換する方針という。

同市によると、協議会はIRの施設概要などを示した「実施方針」の策定や、事業者の選定といった節目ごとに開いていく。一方、横浜市は事業者選定などに関し、協議会とは別に選定委員会も設置する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン