/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、高まる「アリババ比率」 揺れる株価

証券部 井川遼

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が9日午後3時に2020年7~9月期の連結決算を発表する。1~3月期の過去最大の最終赤字(1兆4381億円)から4~6月期は資産売却益の計上などで1兆2557億円の黒字に浮上した。続く7~9月期は世界株相場の上昇で投資ファンド事業は好調だったとみられるが、会計上の要因で投資先の中国・アリババ集団が業績の下押し要因となったようだ。

7~9月期はビジョン・ファンドの損益が前年と比べて改善した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン