/

この記事は会員限定です

日経平均「上値メド2万5000円」「上げ急ピッチで調整も」

一時29年ぶり高値 市場関係者の見方

[有料会員限定]

6日の東京株式市場で日経平均株価は一時2万4300円台に上昇し、終値ベースでみた1991年11月以来、およそ29年ぶりの高値圏となった。米国株高などを受けて投資家がリスクを取る姿勢を強め、景気敏感株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。今後の相場動向をどうみるか、市場関係者に聞いた。

ややスピード違反 後に1000円程度の調整も

井出真吾・ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジスト

6日午前の日経平均株価は一時、2018年10月2日の終値を上回り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン