/

この記事は会員限定です

奥浅草(東京・台東)靴産業発祥から150年

[有料会員限定]

東京・浅草の中心部から北へ歩くこと10分余り。言問通りを越え、奥浅草と呼ばれるエリアに入ると、静かで落ち着いた雰囲気に包まれる。池波正太郎の生誕の地で、代表作「剣客商売」の舞台としても知られる。歴史の名残で味わい深い散策スポットだ。

だがおそらく、初めて訪れた人々の目を引くのは、靴メーカーや問屋、靴作りに用いる様々な材料や道具類など、靴関連の商品を扱う販売業者の多さだろう。関連事業者は数百に上り、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン