/

米NYタイムズ、購読料収入でデジタルが紙を逆転

総有料読者700万人

【ニューヨーク=清水石珠実】米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)は5日、2020年7~9月期に購読料収入の内訳で、電子版やアプリ販売などのデジタル関連の収入が紙媒体からの収入を上回ったと発表した。四半期ベースでデジタル購読料収入が「紙」を上回るのは初めて。最大の収入源を紙の新聞販売からデジタル購読料に切り替える戦略が順調に進んだ。

ニューヨーク・タイムズ紙は、総有料読者が700万人を超えた

7~9月期の売上高は、前年同期比ほぼ横ばいの4億2689万ドル(約442億円)だった。純利益は約2倍の3357万ドル。電子版の購読者増が増益に貢献した。前年同期はリストラ関連費用などの特殊要因が利益を押し下げていた。1株利益は0・.20ドルと、市場予想(0.14ドル程度)を上回った。

9月末時点での電子版の有料読者数は前年同月末比46%増の466万5千人となった。今春、購読料を15ドルから17ドルに引き上げたが、読者増の鈍化は起きていない。クロスワードや料理レシピのスマートフォン向けアプリを含めると、デジタル関連の有料会員数は600万人を超えた。

9月に就任したメレディス・コピット・レビアン最高経営責任者(CEO)は「有料購読する価値のあるジャーナリズムを提供するという戦略が正しいことが証明された」と語った。

NYTは「25年までに購読者数1千万人達成」を経営目標に掲げているが、10月末時点で、電子版とアプリ、紙媒体を合わせた総有料読者数は700万人に達したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン