/

この記事は会員限定です

JFE、CO2排出2割減へ1000億円投資 全製鉄所に新設備

(更新) [有料会員限定]

JFEスチールは2021年度までに国内全製鉄所で環境負荷の少ない新型設備を導入する。鉄の成分調整にリサイクル原料の鉄スクラップを多く使用できるようにする。30年度までに環境分野に1000億円超を投資し、二酸化炭素(CO2)排出量を2割以上減らす。鉄鋼は国内製造業でCO2を最も多く排出する。環境対策を重視するESG投資が世界的に拡大する中、鉄鋼企業の脱炭素の取り組みが本格化している。

JFEは、製鉄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン