/

この記事は会員限定です

米大統領選、祝意の時機は 政府は両陣営の宣言待ち

[有料会員限定]

異例の接戦となった米大統領選で日本政府は勝者に祝意を伝える時機を探る。トランプ大統領の陣営が開票作業を巡る法廷闘争に入り、決着が見通せない。両陣営が結果を受け入れて勝利宣言と敗北宣言が出そろうのを待つ構えだ。

茂木敏充外相は5日、自民党竹下派の総会で「予測通りの接戦になっている。結果の出る時期も含めて見通せない」と述べた。政府は勝敗がつき次第、できるだけ早く菅義偉首相との電話協議を呼びかける。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン