/

この記事は会員限定です

マリオに迫る「あつ森」 任天堂、オンライン収入に弾み

[有料会員限定]

任天堂の収益構造に変化の兆しが出てきた。5日発表した2020年4~9月期決算では「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の販売好調が追い風となり、オンライン有料会員が大幅に増えたほか、IP(知的財産)事業も立ち上がり始めた。好不調が激しいゲームビジネスにリカーリング(継続課金)モデルを取り入れて安定した収益源を確保し、先行するソニーを追う。

「継続して加入してもらっていることに手応えを感じている」。同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン