/

この記事は会員限定です

ねじれぬ国会、参院の岐路 薄れる与野党調整の役割

[有料会員限定]

衆参両院の多数派が異なる「ねじれ国会」が2013年に解消されて7年がたつ。参院の法案審議で与野党が調整する役割が薄れ、衆院との違いが分かりにくくなった。かつて「ドン」と呼ばれた衆目が一致する実力者も今は見当たらない。転換期を迎える参院の歴史と行方を展望する。

9月、埼玉県の病院で村上正邦氏が88歳で亡くなった。1990年代後半に自民党の参院幹事長や議員会長を務め「法皇」の異名を持った。自民党が過半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2302文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン