/

この記事は会員限定です

コチョウラン2~3割高 苗不足で供給減る

[有料会員限定]

贈答品として人気の高いコチョウランの卸値が前年より2~3割高い。新型コロナウイルスで苗の輸入が減っている。春の需要が急減したため生産調整が広がったことも供給減につながっている。

大田市場(東京・大田)のコチョウランの平均卸値は現在、1鉢8千~9千円と前年同期比2~3割高い。東京砧花き園芸市場(東京・世田谷)でも2~3割高い。

入荷量が前年同期より2割少ない。コチョウランは主に苗の状態で台湾や東南ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン