/

三井住友銀、21年に手数料改定 両替やコンビニATM

三井住友銀行は2021年以降、手数料の水準を改める。店頭の両替手数料や国内の外貨建て送金手数料を引き上げる一方、一部コンビニのATM手数料を引き下げる。取引先にキャッシュレス化を求めるほか、個人顧客の利便性を高める。

店頭での両替は硬貨が11枚以上の場合、21年2月から一律で手数料を引き上げる。コンビニATMは21年4月から、取引が集中する毎月25~26日の手数料を一律110円引き下げ、それ以外は110円引き上げる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン