/

この記事は会員限定です

テクノロジーが「民意」を可視化 相次ぐ炎上・分断

東工大・西田准教授に聞く

[有料会員限定]

米大統領選のさなか、SNS(交流サイト)運営企業の投稿規制を巡る議論が大きな関心を集めた。インターネットやSNSといったテクノロジーは政治や民主主義にどんな影響を与えたのか。社会学が専門で「マーケティング化する民主主義」などの著書がある東京工業大学の西田亮介准教授に聞いた。

――ネットやSNSは世界や日本の民主主義にどんな影響を与えたのでしょうか。

「インターネットの登場以前と以後で大きく変わったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1647文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン