/

この記事は会員限定です

「獺祭」蔵元、輸出で2割増収 コロナ禍から回復

[有料会員限定]

純米大吟醸「獺祭(だっさい)」の蔵元、旭酒造(山口県岩国市)が新型コロナウイルスの影響による落ち込みから急回復している。国内販売は低調だが、アジア向けを中心に輸出が急増し、9月の売上高は前年同月比18.2%増と大幅なプラスに転じた。本社工場はフル生産している。

同社は新型コロナの影響で3~5月の売り上げが前年比ほぼ半減。4~6月に従業員の一時帰休を実施し、生産量も半減した。ところが6月以降、新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン