/

この記事は会員限定です

青森県五所川原市、赤キクイモを新たな特産品に

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

青森県五所川原市の農家らが赤キクイモを市の特産品にするための取り組みが成果を生み始めた。赤キクイモは血糖値の上昇を抑える効果があるとされる食物繊維「イヌリン」を豊富に含み、手軽に摂取できるようドリンク「御所の紅(あか)」を製品化した。市は早速、ふるさと納税の返礼品にし側面支援する。

市郊外で赤キクイモを生産するテンコーファームの畑は10月下旬、収穫作業の真っ最中だった。2~3メートルにも達する地上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン