/

日本製紙釧路工場、21年8月に紙・パルプ生産終了

日本製紙は5日、2021年8月に釧路工場(北海道釧路市)での紙・パルプ生産を終了すると発表した。同工場の年間生産能力は22万トン。新型コロナウイルス感染拡大の余波で新聞用紙や印刷用紙の需要は大きく減少しており、生産を集約して収益の改善を目指す。

同工場では電力事業を継続するが、紙・パルプの生産終了によって約54億円の固定費削減を見込んでいる。約250人の従業員はグループ内で配置転換し、雇用を継続する方針。釧路市の蝦名大也市長は「あまりに突然の通知で青天のへきれき。到底納得できるものではなく、工場存続を訴えていく」という談話を発表した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン