/

この記事は会員限定です

[社説]唐突な政府介入が水を差したアント上場

[有料会員限定]

調達額3兆6000億円と史上最大になるはずだった巨大な新規株式公開(IPO)が、突然延期になった。中国電子商取引アリババ集団傘下の金融会社、アント・グループが5日に予定していた上海・香港市場への同時上場だ。

延期の直接の原因は、中国政府の介入と規制強化だ。金融当局は2日、規制監督を巡り、経営権を握るアリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏らを聴取した。同時に、オンライン小口融資に対する新たな規制案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン