/

山形カシオ、従業員向けマスク生産 国産素材を使用

自社製マスクを東根市の土田正剛市長(左)に寄贈した山形カシオの福士卓社長(5日、山形県東根市)

山形カシオ(山形県東根市)は自社で不織布マスクの生産を始め5日、東根市に3000枚を寄贈した。腕時計などを生産する東根の工場はカシオ唯一の国内生産拠点。マスクの生産ラインを導入し、9月から国内従業員5000人を対象に生産を始めている。

マスクは国内製不織布を使用。ウイルス飛沫などを99%以上捕集し、肌触りなど「カシオとしての品質にこだわっている」(同社)という。2カ月に1回のペースで従業員に1箱(50枚入り)を無料配布し、家族向けには販売するが一般販売はしない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン