/

神奈川県、健康アプリでメタボ予防

神奈川県は5日、健康アプリを使い生活習慣の改善を目指す実証事業を始めると発表した。企業の健康保険組合などを通じてメタボリックシンドロームの該当者や予備軍らに参加を呼びかける。

アプリで匿名の参加者が生活習慣を励まし合う

参加者はエーテンラボ(東京・渋谷)のアプリ「みんチャレ」で目標体重や歩数を定めてもらい、目標達成に向けた活動に取り組んでもらう。アプリは匿名の5人がチームを組み、報告や励まし合いをしながら健康習慣をつくるのが特徴だ。

約160人が対象で、周知や勧奨方法などによって参加率や継続率が変わるかや、実際にBMIや腹囲などがどう改善するかを検証する。19年度には糖尿病予備軍らを対象とした同様の実験を行い、アプリを使うことで目標の歩数が達成しやすくなる効果がみられたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン