/

この記事は会員限定です

内装に九谷焼や金沢箔 石川の伝統工芸、ホテルで進化

ウエーブ石川

[有料会員限定]

石川県の伝統工芸が金沢市の宿泊施設に相次ぎ採用されている。8月オープンの米ハイアットグループのホテルは、100を超える内装や調度品に「九谷焼」などを活用した。伝統工芸の事業者と宿泊施設を橋渡しする石川県の事業を通じ、菓子入れやネクタイといった新商品も生まれた。ホテルを舞台に伝統工芸が進化している。

JR金沢駅の西側にある「ハイアットセントリック金沢」。1階のエントランスに入ると、成人の背丈を超える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン