/

ドコモ、3万円台からの低価格5Gスマホを発売へ

NTTドコモが発表した5Gスマホ

NTTドコモは5日、高速通信規格「5G」対応スマートフォンの低価格モデルを順次発売すると発表した。現行の5Gスマホは多くが10万円を超えるなかで、3万~6万円台の低価格帯を用意する。足元の5G契約者数は約50万人。価格を抑えた端末の投入効果などで2021年春までに計250万人を目指す。

「これから拡大する5G端末を手に取りやすくしたい」。ドコモの吉沢和弘社長は冬春向け新商品のオンライン発表会でこう強調した。5G端末は6機種を新たに発売する予定で、このうち4機種は3万~6万円台と値ごろ感を打ち出した。

超高速で大容量の5Gはスマホ以外のさまざまな端末機器への活用も広がる。ドコモは21年3月からカメラやプロジェクター、オーディオ機器などのレンタルサービスを始める。1日単位の短期から1カ月の長期まで利用期間が選択できる。

冬春向けの新商品をオンラインで発表する吉沢和弘社長

旅行中に360度カメラで撮影した映像を離れた所にいる家族が仮想現実(VR)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)で楽しみ、一緒に旅行気分を味わうなどの使い方ができるという。

5G基地局の整備については、これまで21年度に2万局としていた計画を更新し、22年度に3万2千局まで拡大することを発表した。21年度に基地局を5万局まで増やす計画のKDDIソフトバンクは既存の4G基地局を5Gに転用し、通信エリアを拡大する。ドコモは5G専用の基地局整備に力を入れており、戦略に違いが出ている。

23年度までの5年間で1兆円の投資を公表していたが、24年度以降も年間数千億円の投資を続けるという。

(太田明広)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

5Gとは
現行の「第4世代(4G)」の最大100倍の速さの次世代通信規格。毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットの最高速度はアナログ方式だった1980年代の第1世代の100万倍。2時間の映画を3秒でダウンロードできる。米国と韓国の通信大手が世界に先がけて商用サービスを始めた。

1Gから4Gへの進化は主に速さの向上だった。5Gは「多数同時接続」「超低遅延」という特徴が加わる。たとえば自宅で約100個の端末やセンサーを同時にネット接続できる。利用者が通信の遅れを意識することは格段に減る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン