/

この記事は会員限定です

波に乗れぬ景気敏感株 米金利低下で逆行安

証券部 佐藤俊簡

[有料会員限定]

5日の東京株式市場で日経平均株価は2年1カ月ぶりの高値を付けた。その陰で取り残されるように大きく売られた銘柄がある。鉄鋼や一部の自動車など株価水準がもともと著しく低かった割安株だ。こうした景気敏感株の見直しが本格化するとみていた投資家は少なくないが、思惑は外れた。米大統領選という山はほぼ越えたが、全面高の構図は描きにくいようだ。

「景気敏感株だから買う、というような動きが大統領選前に目立ったが、い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン