/

この記事は会員限定です

「コロナ下五輪」試金石に 8日に体操国際大会

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策の検討が進むなか、体操の国際大会が8日に東京・国立代々木競技場で行われる。感染拡大後、五輪競技では初めて海外選手が来日する大会で、コロナとの共存を前提とした東京五輪の運営の試金石となる。

出場するのは日本のほかロシア、中国、米国の3カ国で、5日までに来日した。選手やコーチは10月20日以降、自国で外部との接触を遮断する環境を確保。定期的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン