/

この記事は会員限定です

マクセル、小型の全固体電池を21年に量産

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

マクセルホールディングスは2021年に次世代電池の本命とされる「全固体電池」で小型製品を量産する。形状はコイン型で、小野工場(兵庫県小野市)に生産設備を導入した。電池の容量も大きく、スマートウオッチなどウエアラブル製品での需要が見込めると判断。全固体電池事業の売上高を25年に約300億円に増やす計画だ。

アンペア機器での採用目指す

全固体電池は現在の電池の主要製品であるリチウムイオン電池と同じ2次電池。リチウムイオン電池は中の有機電解液が燃えやすい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン