/

首相、「人事、事前調整なく」 学術会議の任命拒否

菅義偉首相は5日の参院予算委員会で、日本学術会議側との人事の事前調整がなかったのが任命拒否の要因だとの認識を示した。「以前は一定の調整があったが、今回は推薦前の調整が働かず任命に至らない者が生じた」と述べた。自民党の二之湯智政審会長への答弁。

立憲民主党の蓮舫代表代行は任命拒否の決定過程がわかる公文書の開示を求めた。加藤勝信官房長官は政府内で杉田和博官房副長官らが協議した記録の存在を認めつつ、開示は断った。首相は杉田氏が各省庁の人事を担当しており「関わるのは当然だ」と話した。

首相は学術会議を「国民に理解される存在にしたい」と強調した。6人の任命拒否の判断を踏まえ「(会員に)民間人や若手も増えることを期待する」と語った。

蓮舫氏は「結果として若手も女性も私立大に所属している人も外された」と指摘した。

首相は学術会議に欠員が生じている現状に「違法性はない。過去にも足りないことはあった」と言及した。立民の森裕子氏への答弁。野党は任命拒否による欠員が違法状態で、6人を早期に任命するよう促した。

立民の小西洋之氏は任命拒否の法的根拠をただした。推薦制が導入された1983年の政府答弁や公文書から首相の任命権は「形式的」で、拒否は違法だと主張した。首相は「推薦を尊重しつつも任命権者として判断する」と答えた。

野党は追及を続ける。立民と国民民主、共産、社民の野党4党は5日、衆参両院の予算委で任命拒否問題の集中審議を求める方針で一致した。杉田氏の国会招致も引き続き要求する。与党はいずれも拒否する構えだ。

6日も参院で予算委を開く。自民、公明、維新、国民民主、共産の各党が質問する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン