/

信州大学と東邦ガス、VRで火の扱い方を学ぶ授業

生徒はVRでオムレツを作りながら、安全な火の扱い方を学んだ(5日、長野市)

信州大学と東邦ガスは5日、共同研究として信大教育学部付属長野中学校で火の扱い方を学べる仮想現実(VR)教材の実践授業を実施した。教材は邦ガスが開発した「火学VR」を活用。オムレツ作りをしながら、コンロの火の周りには燃えるものを置かないといった安全な火の扱い方を学んだ。生徒は学習した内容を、今後の調理実習などに役立てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン