/

この記事は会員限定です

京阪神ビル、「もの言う株主」と対立 TOB表明受け

[有料会員限定]

不動産会社の京阪神ビルディングと「もの言う株主(アクティビスト)」の対立が表面化している。独立系資産運用会社ストラテジックキャピタルのTOB(株式公開買い付け)表明に対し、京阪神ビルは5日、「事前協議の機会もなく一方的」とのコメントを出した。市場では、優良資産を持つ同社の経営効率が向上することを期待した買いが入っている。

京阪神ビルはオフィスやデータセンターなどの賃貸を手掛ける。経営陣の多くを三井住友銀行出身者が占...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン