/

この記事は会員限定です

中国ウイグル弾圧に制裁圧力 人権目配り、企業に迫る

(更新) [有料会員限定]

中国によるウイグル族への弾圧に対する国際社会の批判が強まってきた。米国は中国共産党幹部の資産凍結に動き、欧州でも制裁を科す法整備が進む。日本政府内でも新法を視野に水面下で議論が始まった。日本企業も意図せず関与するおそれがあり、経営リスクの一つになりかねない。

「少なくとも82の著名なグローバルブランドの供給網に、ウイグル族を強制労働させた疑いが強い工場が含まれている」

オーストラリア戦略政策研究所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン