/

ヨーカ堂、洗剤などの使用済み詰め替え容器を回収

洗剤やシャンプーなどの詰め替え容器を回収する。

セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は、洗剤やシャンプーなどの詰め替え容器を分別回収する実験を始めた。花王ライオンが取り組む詰め替え容器のリサイクル事業に参画し、ビジネスモデルを検証する。リサイクルが難しい詰め替え容器を再生できる仕組みづくりを目指す。

「イトーヨーカドー曳舟店」(東京・墨田)に、使用済みの詰め替え容器を分別回収するボックスを設置した。花王とライオンの製品以外の詰め替え容器も回収する。実験の終了時期は特に設けず、効率的な回収の方法や回収量などの検証を踏まえて他店舗にも設置していく考えだ。

洗剤やシャンプーなどの詰め替え容器は、内部の液体を正常に保つためにフィルムが複合素材で構成されており素材を分離するのが難しい。そのため、回収して同じ容器を再生産する「水平リサイクル」が困難だ。

花王とライオンは詰め替え容器の回収と水平リサイクル技術の開発で9月に協業を決めていた。

イトーヨーカ堂は店頭が回収した詰め替え容器は、花王とライオンが主体となり墨田区などが協力し、裁断・洗浄してペレット化する。

机や椅子として使えるブロックや3Dプリンターの造形用材料として再生し、リサイクルの啓発イベントなどで活用する。回収した容器の一部は水平リサイクル技術の開発のために使う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン