/

この記事は会員限定です

関西の中小、資金あるうち新たな戦略 コロナ逆風下

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍に苦しむ関西の中小企業の間で、再生に向けた模索が広がりつつある。特別対応の融資で当面の資金繰りに余裕はあるが、売り上げは戻らず先行きも見通せない。融資の返済時期が訪れれば押しつぶされる恐れもある。過去に戻る期待を捨て、コロナが変えた環境に適応できるかがカギを握る。

「資金はあってもずっと赤字。ものすごく怖い」。お好み焼き店などを運営するぼん繁(大阪市)の本田司郎社長は語る。前年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン