/

ドコモ社長「5G向け投資、24年度以降も年数千億円」

NTTドコモが新たに発売する5Gスマホを手に持つ俳優の佐藤健さん(左)と吉沢和弘社長

NTTドコモは5日、次世代通信規格「5G」の基地局などの投資を拡大する方針を明らかにした。2023年度までの5年間で1兆円の投資を公表していたが、24年度以降も年数千億円の投資を続ける。ソフトバンクKDDIは今後10年でそれぞれ2兆円の投資を見込む。大手携帯会社による5Gのインフラ設備投資が拡大する。

5日に開催した新商品のオンライン発表会で、ドコモの吉沢和弘社長が明らかにした。「24年度以降も年数千億円の投資を何年か続ける」とし、期間については明言を避けた。

基地局の整備について、これまで21年度に2万局としていた計画を更新し、22年度に3万2千局まで拡大することも発表した。21年度に基地局を5万局まで増やす計画のKDDIとソフトバンクは、既存の4G基地局を5Gに転用して通信エリアを拡大する。ドコモは5G専用の基地局整備に注力しており、戦略には違いが出ている。

ドコモは同日、5G対応スマホの低価格モデルを発表した。現行の5Gスマホの大半が10万円を超すなか、3万~6万円台の低価格の端末を発売する。足元の5Gの契約者数は約50万人。価格を抑えた端末の投入などで21年春までに計250万人を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン