/

この記事は会員限定です

「鬼」の光と闇を探る 疫病の象徴、コロナ禍でブーム

(更新) [有料会員限定]

鬼退治の漫画「鬼滅の刃」の累計発行部数は1億部を超え、映画も公開直後の興行収入が過去最高を記録した。鬼は疫病の象徴。コロナ禍で熱を帯びる鬼の光と闇を探った。

「負の鬼文化」が表面化

京都市郊外、叡山電鉄貴船口駅から歩いて30分、貴船神社は山の中にある。9月下旬の夜。川の音と虫の声だけが響く漆黒の闇を湿った空気が満たす。鬼と出合うならこんな夜、こんな場所だと思う。

京都には鬼の物語が多くある。貴船神...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン