/

この記事は会員限定です

朝日インテック、手術ロボに参入 1台で助手3人の働き

[有料会員限定]

医療器具メーカーの朝日インテックは医師の手術をサポートする医療ロボット事業に参入する。国立がん研究センター発のスタートアップと組み、直腸がん手術を支援するロボを2021年にも実用化。カメラ操作など3人の医師らで担っている作業を1台のロボが肩代わりするため、手術時に執刀医の助手が不要になる特徴がある。

調査会社の富士経済(東京・中央)によると、手術支援や入浴・排せつ支援をはじめとする医療介護用ロボの世界の市場は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン