/

この記事は会員限定です

[FT]サウジ 出稼ぎ労働者雇用制度の見直しに着手

[有料会員限定]
Financial Times

サウジアラビアは国内に滞在する1000万人に上る外国人労働者に対し、雇用主の許可がなくても転職や出国を認める方針を打ち出した。人権侵害との批判がある中東諸国の外国人雇用制度「カファラ制度」を見直すことで、経済の石油依存脱却を進め、国民の雇用創出を推進する。

サウジは1930年代の油田発見以来、石油産業の基盤を築いた欧米人技術者から、石油で得た富が引き起こした建設ブームを請け負う数百万人の低所得労働...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1912文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン