/

この記事は会員限定です

大阪都構想、否決の先に待つ課題は? まとめ読み

(更新) [有料会員限定]

「大阪都構想」が住民投票で再び否決され、10年にわたって大阪市民を二分してきた議論が事実上、決着しました。大阪維新の会は「一丁目一番地」の政策が挫折し、抜本的な出直しを迫られます。一方、反対派も具体的な成長戦略は乏しいです。地盤沈下から脱しきれない大阪はどこに向かうのでしょうか。住民投票後の課題を探ります。

維新「看板」失い窮地 都構想の「次」見えず

「東京一極では持続可能な国はつくれない。府と市が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン