/

存在感増す投資系YouTube 注意点押さえ賢く活用を

動画投稿サイト「ユーチューブ」で、株式投資をテーマとしたチャンネルの存在感が増している。著名な個人投資家のユーチューブへの参入も相次ぎ、投資初心者のみならず、ベテラン投資家でも参考になるものが増えてきた。その背景と活用の際に注意したいポイントを探った。

投資初心者に影響与えるユーチューバー

コロナショック後、盛り上がりを見せている投資系ユーチューブチャンネル。その背景には、コロナ禍をきっかけに新たに投資を始めた20~30代の投資初心者の存在がある。日経マネーが4~5月にインターネット上で実施した個人投資家調査によると、2020年に投資を始めた人の57%が30代以下の若い世代。投資を始めるに当たり「ユーチューバーに影響を受けた」と答えた人は15%にのぼった。

個人投資家の裾野が広がる中、ユーチューブに投稿される動画の内容も「証券口座の開き方」といった初心者向けのものから、「どういった銘柄に投資すべきか」を分析するような、より深いものまで多様化しつつある。人気チャンネル「株主優待と配当大好きわっけ」を配信するわっけさん(ハンドルネーム)は、「昔は『今月のお薦め優待銘柄』というテーマでも再生数が伸びたが、今は他の動画とどこが違うか明確でないと視聴者は付いてこない」と指摘する。

カリスマ投資家との対談が人気に

今年に入って動画配信を始めたスゴ腕投資家も増えている。例えば「湘南投資勉強会」を主宰するkenmoさん(ハンドルネーム)は、コロナ禍を受けて勉強会をオンラインで配信。この様子をユーチューブ上で視聴できるようにした。「Bコミ」のハンドルネームでも知られる株式評論家の坂本慎太郎さんもチャンネルを立ち上げ、「PER(株価収益率)が高すぎる会社の見方」などを紹介している。

「中級者向け動画は、再生数が伸びず作りにくい」との声はあるが、初心者向けコンテンツが供給過多になる中で視聴者が動画に要求する水準が高まっているのも確かだ。実際に、企業業績やテクニカル面から株価の動きの背景を分析するような動画が増えている。チャンネル登録者数が11万人を超える「株の買い時を考えるチャンネル」もその一つと言えるだろう。

人気チャンネルの内容も進化している。投資系チャンネルで最大手の一つ「Zeppy投資ちゃんねる」はカリスマ投資家として知られる片山晃さんやテスタさん(ハンドルネーム)との対談を立て続けに配信し、その投資哲学に迫った。Zeppy代表の井村俊哉さんは、「1回だけでなく、後から繰り返し見てもらえるような動画を発信したい」と話す。片山さんが登場した動画の再生回数は、Zeppyが配信した動画で最多となる52万回超(11月5日時点)となった。

高額セミナーへの勧誘や買いあおりに注意

投資系動画の増加に伴い、様々な問題も浮上している。

視聴者がまず注意すべきなのは、動画を通じて投資関連の商材や有料サロン・セミナーへの勧誘を行う事例があることだ。価格や内容が適切なものであれば大きな問題はないが、中には過度に高額な価格設定のものも出てきている。動画配信は再生回数が相当伸びないと収益化できないため、配信者の一部はこのような手法を取っているようだ。「有料サロンへの加入や投稿プラットフォーム『note』の購入を勧める動画には手を出さない方が無難」(坂本さん)という指摘もある。

さらに、個別銘柄の売買をあおるような動画にも要注意だ。多くの視聴者の関心は「どの株が上がるか」にあるため、動画では大なり小なり個別銘柄に言及しているケースが多い。問題は、動画で株価が反応するケースが出ていること。こうした銘柄には、材料株の短期売買を繰り返す「イナゴ投資家」が付き、株価が急騰した後に急落するという値動きをするため、初心者が軽い気持ちで手を出すと損失を受けやすい。

「株の買い時を考えるチャンネル」を配信する株の買い時さん(ハンドルネーム)は、「業績などファンダメンタルズ分析もなしに銘柄を紹介するような動画は避けるべきだ」と指摘。また、時価総額が小さい銘柄が紹介された場合は、たとえ銘柄の分析がしっかりしていようと値が大きく動きやすいため、注意が必要だと話す。

動画開始時の広告にも気を付けたい。広告はユーチューブ側が動画の性質に合わせて流しているもので、配信者が選定しているわけではない。中には高リスクの金融商品の広告も含まれているが、決してこれは動画配信者の「お墨付き」ではない。「この人の動画の広告なら安心」と安易に考えずに、内容をしっかり吟味する必要があるだろう。

(川路洋助)

[日経マネー2020年12月号の記事を再構成]

日経マネー 2020年12月号 秋相場は大化け期待の中小型株を狙え! 最強の成長株

著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2020/10/21)
価格 : 750円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン