/

米大統領選、残る激戦5州 一部は5日にも判明か

(更新)
4日、声明を発表するバイデン前副大統領(写真左)と演説するトランプ大統領=いずれもAP

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領と民主党候補のバイデン前副大統領が争った米大統領選は異例の大接戦となった。米東部時間5日午前0時(日本時間5日午後2時)時点で勝敗が明らかになっていないのは6州だ。トランプ氏勝利が確実なアラスカ州をのぞく5州が焦点となる。

早く結果がでる可能性があるのが西部アリゾナ州と南部ジョージア州の2つだ。米メディアによると、アリゾナは開票率86%の段階でバイデン氏が8万票あまりリードする。トランプ氏が逆転するには、残る45万票(推計)の6割程度を得る必要がある。州政府は選挙結果を米東部時間5日午前0時過ぎに更新するとしていたが、ずれ込んでいる。

ジョージアは開票率95%の段階でトランプ氏は約4万票のリードを確保し、米東部時間5日未明までに集計作業が終える方針だ。残る約25万票の多くは、バイデン氏が有利とみられている大都市アトランタ郊外の票だ。どこまでバイデン氏が追い上げるかが注目される。

その他の残る3州は郵便投票の到着を3日の投票日以降も有効とみなすため、接戦にもつれ込めばさらに時間がかかりそうだ。

西部ネバダ州は開票率86%の段階で、バイデン氏のリードは8000票弱にとどまる。残るのは19万票だ。州政府は追加の開票結果を米東部時間5日正午(同6日午前2時)に明らかにするとしている。

南部ノースカロライナは開票率95%でトランプ氏は約8万票リードしている。バイデン氏が逆転するには、残る26万票のうち3分の2を獲得する必要がある。同州は郵便投票について3日の消印があれば12日まで有効と認めている。

東部ペンシルベニア州は開票率89%でトランプ氏が約16万票リードしている。残るのは約80万票の多くはバイデン氏が有利な郵便投票とみられている。フロリダ大の研究者によると、同州では郵便投票を含む期日前投票のうち民主党員として登録している有権者の割合は65%で、共和党の23%を大きく上回った。

同州では3日の消印なら6日まで郵便投票を有効とみなす。トランプ政権はこれを認めない訴訟をおこした。

バイデン氏が獲得した選挙人の数は現時点で253人。ネバダ(選挙人6人)とアリゾナ(同11人)で勝利すると、計270人となり、大統領選での勝利が決まる。

一方、トランプ氏の獲得選挙人数は214人にとどまる。270人に達するにはさらに56人が必要で、トランプ氏がリードしているペンシルベニア(同20人)、ノースカロライナ(同15人)、ジョージア(同16人)、アラスカ(同3人)で勝利しても54人。56人には2人足りず苦しい情勢だ。

アメリカ大統領選挙

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン