/

香川で鳥インフル 正式確認なら2018年以来

(更新)

農林水産省は5日、香川県三豊市の養鶏場で、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザとみられる事例が確認されたと発表した。国内の家畜としては2018年1月の香川県さぬき市での発生以来。政府は県の要請に基づき自衛隊を派遣する。33万羽が殺処分の対象になる。

政府は同日午前、対応を協議する「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」を首相官邸で開催した。加藤勝信官房長官は菅義偉首相から(1)農家への厳重な警戒の要請と予防措置の適切な支援(2)現場情報の収集(3)徹底した防疫措置の実施(4)国民への正確な情報伝達――の指示があったと述べた。

農水省によると、感染疑いの報告があった養鶏場で4日、約2千羽の食肉用の鶏が死んだ。香川県家畜保健衛生所による簡易検査で、鳥インフルエンザの陽性だった。その後、PCR検査を経て国による確認の結果、疑似患畜と判明した。今後、遺伝子解析を経て確定させる。

加藤氏は5日の記者会見で「日本でこれまで(感染した鶏の)肉、卵を食べて鳥インフルエンザウイルスに感染した例は報告されておらず、安心して食べてほしい」と呼びかけた。一方、新型コロナウイルス感染症への対策は「引き続きしっかりと徹底してほしい」と要請した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン