/

この記事は会員限定です

予算委初論戦、内閣支持率を左右 過去は平均7%低下

[有料会員限定]

菅義偉首相が就任してから初の衆院予算委員会は4日、2日間の質疑を終えた。予算委は野党が一問一答形式で政権追及の質問を重ね、首相の答弁力が試される場となる。多くの政権は初陣の予算委後に内閣支持率が低下した。

4日の衆院予算委は野党第1党である立憲民主党の枝野幸男代表が質問に立った。日本学術会議の会員候補を政府が任命拒否した理由を質問した。首相は紙を読みながら「個々人の任命理由は答えを差し控える」と2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン